有名スタイリスト豆越繁盛氏の完全プロデュースで、ナチュラルな仕上がりにこだわった、エムグランデの「プレミアムウィッグセット」です。セット内容として、パーマ・ストレート・マッシュなど、ショートからミディアムまで幅広いヘアスタメンズウィッグのかぶり方は、ウィッグキャップで髪をまとめて、ウィッグを付けるだけととっても簡単。メンズ ウィッグ 自然しかし使い方のコツを押さえておかないと、なかなかイメージ通りの髪型にならない場合も。以下のポイントをチェックし、おしゃれ&ナチュラルにウィッグを使いこなしてくださいね。

メンズウィッグのかぶり方・使い方のコツ
STEP.1
購入したらまずは洗浄
メンズウィッグを購入したら、まずは洗浄し、ドライヤーで乾かしましょう。パッケージから取り出したら、ウィッグにはクセがついた状態。そのままかぶっても、イメージ通りのヘアスタイルにはなりにくいものです。メンズウィッグを洗浄する際は以下の方法で行いましょう。
ブラシを使ってホコリ・抜け毛を取る
洗面器などにお湯とシャンプーを入れ、泡立ててからウィッグを浸し、優しくもむように洗う
ブラシを優しく通しながら、綺麗なお湯ですすぐ
洗面器などにお湯を張り、コンディショナーを3滴ほど溶かしてウィッグを浸す
綺麗なお湯で優しくウィッグを洗浄し、タオル・ドライヤーで乾かす
メンズウィッグをドライする際は、ウィッグスタンドを使うと便利ですよ。

STEP.2
ウィッグネット・キャップで髪をまとめる
メンズウィッグをかぶる前に、髪がショート以上の長さの方はウィッグネット・キャップで髪をまとめましょう。襟足・生え際などまでしっかり包むのがコツです。
STEP.3
ウィッグは前頭部からかぶる
ウィッグを装着する際は、後頭部分を両手で持ち、前から後ろにずらすようにかぶりましょう。前髪の生え際と、ウィッグの生え際部分を揃えるとナチュラルに仕上がります。自毛の襟足部分が、しっかりとウィッグに隠れていることをチェックしてください。
STEP.4
後頭部やもみあげ、サイドを金具・ピンで固定
製品によっては、もみあげ部分・後頭部部分に固定用の金具・ピンが付属しています。浮き・ズレが無いことを確認し、ぴったりフィットさせてからウィッグを固定しましょう。
STEP.5
もみあげが不自然ならウィッグ用両面テープ・メガネの使用がおすすめ
メンズウィッグはもみあげ部分が浮きやすいもの。どうしてももみあげ部分が不自然なイメージなら、ウィッグ用両面テープ・伊達メガネなどで押さえると不自然さを解消できますよ。イルを用意。

カラーもブラック・ハスキーホワイト・ナチュラルブラウンなどさまざまな種類が揃っています。休日のたびにさまざまなヘアスタイルを楽しみたい方・男装コスプレを楽しむ女性にもぴったりですね。

ウィッグ本体に加え、ウィッグネット・ウィッグスタンド・ピン・専用ブラシを付属。スタイリスト監修のマニュアルも付いているので、初めてウィッグを購入する方にもおすすめです。

ウィッグ ハンサムショート男装 ウィッグショートウルフ医療 用 ウィッグ

メンズウィッグ 人毛100%ベースウィッグショート自然 医療用ウィッグ

お好みのスタイルに!
トレンドのスタイルや似合わせカットなど

無造作感など幅広く楽しめる
短くカットしてもふんわり感を出せるよう
あえてストレート処理はしていません。
地毛を扱う感覚でドライヤーやアイロンを使い自由にスタイリング可能です。

自然な印象と快適な着用感を実現した「総手植え」
プロの職人が1本1本手作業で植毛をしているため
少ない毛量でもナチュラルなボリュームを演出!
空気感のあるスタイルと通気性が特長です。

自然な「つむじ」
高級モノレースを贅沢に使用しているため
地毛のようなボリューム感と自然なつむじを実現!

0 Replies to “メンズウィッグのかぶり方・使い方のコツ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です